2020年・年末のご挨拶

永らく放置している間に2020年の大みそかが来てしまいました。

体調のほうはまあまあで、相変わらず通院生活が続いております。

8月ごろまでは体調が不安定な日も多かったけど、最近は摂生に努めているので健やかにすごせております。


5月に入院(手術)の予定がありましたが、コロナの影響で延期。しかしその後の検査結果が改善したおかげで経過観察で良しとなりました。

安定してきたので近場の病院に転院しましたが、来年はどうなりますかね。


執筆活動のほうはまったりですがすすんでおります。

来年あたり新刊出せるといいなあ・・・。


今年はいろいろと環境が変わりまして。

約三年? 通った遠方の病院から地元病院に転院したこと。

夫の職場が変わり、同時に家のローンが終わったこと。

介護状態になってしまった実家の母がついに入院というか施設に入ったことなど。


世の中全体をみればつらい一年だったけど、自身を振り返れば楽になったなと思えることも多かったです。

通院先が近くなったおかげで通うのが楽になったし、夫は職場が変わったおかげで帰宅が早くなり、ローン完済したおかげで家計にちょっとだけ余裕が生まれました。

いやー、家のローンってほんと重いですね。なくなってみてしみじみほっとしてます。


ひとつ気がかりなのは実家の母で。

施設に入ったのでお世話がなくなり、私も弟夫婦もだいぶ楽になりました。ヘルパーさんを手配していてもなにかと手間がかかりますしね。でもコロナのせいでずっと面会禁止なのでどうしているのか、気がかりではあるんです。

年が明けたらリモート面会できるか問い合わせてみようと思います。


フィギュアスケートの羽生くんが「~~絶対にいつかは光が差すと思うので~~」のようなことをおっしゃってましたが、いつかきっといい方向に動き出すと思うのでそれを信じて日々を過ごすのみですね。


「天と地と」美しかったですね。

あれ、音源持ってるので最近よく聞いてます。


このブログをいったいどれくらいの方が見ていらっしゃるかはわからないのですが、立ち止まってこの雑文を最後まで読んでくださりありがとうございました。

私のサイト「PRETENSES」はワードプレスにしようと思ったのですがカスタマイズがうまくできず、面倒なのでもとにもどしました。

現在は普通にトップページが表示されるようになってますので。

それではみなさま、風邪をひかず健やかなままで新年を迎えてくださいね。

簡単ですがこのへんで。

来年もよろしくお願いいたします。


篠原












0コメント

  • 1000 / 1000

P's Diary

篠原怜です。恋愛小説を書いてます。エタニティブックスやヴァニラ文庫ミエルなどから著書あり。本のお知らせと雑記など。