コメント返し・その1

怜です、こんばんは!前回の記事でご報告した本の追加当選の方々ですが、無事にお返事をいただき発送も完了いたしました。色々とお騒がせいたしましたが、今度こそ本当にプレゼント企画は完了いたします。以下は、プレゼントお申し込み時に寄せられたメッセージへのお返事です。buta435様>「午後3時の海岸線」が最も思い入れのある作品です。その後を描いた作品も読ませて頂いて、欲が出てしまいます。更なるその後やスピンオフ等…もっと読みたいヨー!!■こんにちは。紗枝子の物語を気に入ってくださって、ほんとにほんとに、ありがとうございます。同様のご意見を過去にもいただいてますよね。当時の回答はブログを変えてしまった関係で読めなくなってしまったのですが、結論から言うと『紗枝子と薫メインの続編・番外編』はサイトで公開することはありません…です、ごめんなさい(これはサイトの目次のところにも書いております)作品自体は完結しているので、幸せなまま終わりにしたいというのが書かない一番の理由です。あとはサイト作品と違って書籍になりましたので、ネットで続編を公開するには出版社の許可も必要です。書くのは構わないが本と相違が出ないよう中身をチェックしたい……とおっしゃる編集さんもいらっしゃいますので。(念のため、このあたりの事情は作家によって違うかもしれません)でも、サイトは趣味でやっているのだから、気兼ねなく書きたいです。出版社さんの手を煩わせてまで取り掛かるのもなあ……と思っちゃうんですよね。もしくは出版社に続編の希望を出してもらう手もありますが、4年も前の作品だしロゼだし、ご希望には添えないかと存じます。いちおう、公式の続編はエタニティのレーベルサイトにあります。また若菜編の番外『食べてはしゃいで、××をして』と『想い出は、輝きの中に』に紗枝子がちらっと出てきます。そちらで幸せな紗枝子と薫を覗いてやってくださいませ。若菜編も初出から何年も経ちましたので、サイトでの番外もそろそろネタ切れかと。サイトはめっきり動きが無くなってしまいましたが、Upするなら新しい別の何かがいいかな…と考えています。このような回答で心苦しいのですが、ご理解いただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。 しをん様 >いつも楽しく作品拝読しております。単行本も、「あなたの愛につつまれて」や、「アグレッサー」も大好きですww何度も読み返しております!!これからも、サイト運営&執筆活動頑張ってくださいませ。■ありがとうございます。励みになります!暑い日が続きますがしおん様もお体ご自愛くださいね!茉朝 様>これから読んでみたい本   現代が舞台の泣きたくなるようなお話。  ・・・でもハッピーエンドがいいです。■私も泣きたくなるようなお話好きです~~♪ 鋭意努力します。>電子書店のフェア用作品を公開して頂けてとても嬉しいです。■フェア用作品はフェアが終われば下げられちゃうので、せっかく書いたのにもったいないなと思い編集部に問い合わせましたところ「公開終了から時間を経たらサイト公開してよし」とのお返事をもらいました。個々の事情は作家によって変わって来るかと思いますが、楽しんでいただけたなら嬉しいです。はにむ~ん 様> 文庫化&新刊、刊行おめでとうございます!「恋人はいつもご機嫌ナナメ」は単行本を持っているので、■こまめにご連絡いただきありがとうございます。日々暑いですが、読書を楽しんでくださいね!ブラックティ 様>和テイストのお話という感じでもないようなので、今から内容に興味深々です。■和風ですけど、ファンタジックでもありますし、いつも思うんですけど橋田すがこ先生に傾倒してる気がしなくもなく……(汗) 新刊はそんな感じです。mai 様>最近、いろいろと忙しいのかなぁって思いますが、無理はせずに、ご自分のペースで、執筆をしてくれることを祈っています。新作楽しみにしていました。ぜひ、読んでみたいです。また、サイトでの作品のUPも楽しみにしています☆■ありがとうございます。サイトも今年で10年で、しばらく前からぱたりと書けなくなりまして。忙しくはないのですが、年のせいか気力減退は著しいかな…と。でもネットには頑張っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。そういった方々を見習いながら今後も精進していきたいです。ゆかママ 様>一歩を踏み出す勇気が無くて、なかなかメッセージを送るのが出来ません、年甲斐もないかな?と、躊躇しちゃいます。これからも楽しんで読ませていただきますね。■いやいやいや! そういう時はどどーんと一歩踏み出しちゃってください(笑) どんな作家さんでも読者の方から声をかけてもらうのは、嬉しいと思いますよ。「読んだよ」のひと言で苦労が報われると思います。年は関係ないです(私もいい年だ…汗)今後とも、よろしくお願いします!megu様>怜さんのお話は一つの町での出来事が多く、つながっているようなつながっていないような感がとても好きでいつも好んで読ませて頂いてます。これからも、ほっこりする恋愛話、楽しみにしています!■ありがとうございます。私も今は胃が痛くなるような小説・マンガ・ドラマは避けてるような気がします。そしてずっと千葉に住んでいるので自作品の舞台はすべて千葉です。ただ固有の地名を出すと問題も出そうなので架空の名前にしてます。地名を決めておかないと、うまく書けない性分でして……(^_^;)白岬は実家付近が舞台。葉浦市は元の職場周辺ですかね。本当はカッコよく東京を舞台にしたいけど、別にかっこつける必要もないかと気づきました。地元は思い入れがある分、風景の描写などがしやすいですね。ほっこり……ですね。頑張ります!あと受領のご連絡などありがとうございました。九州楽しかったです。後ほどツイッターにリプします。ひよぽん様>一途なヒーローの~~(以下、アンケ回答なので省きますが)■興味深いご意見ありがとうございます。あくまで私の想像ですけど商業TLでそのような作品が少ないのは、読者からの需要の問題かな…と思います。TLはRシーンが見せ場ですから、やはりフェロモン出しまくりで少し強引なイケメンにリードされたい……。そう願う読者は多いと思います。あとジャンル的に成人していたほうが都合よいですから、そこそこ経験があるように自動的になってしまうかも。女性経験豊富だけど、ヒロインに一途なヒーローが出てくるお話……、探せばけっこうありそうですよ。お好みの作品に出会えるといいですね♪ >篠原怜さんの小説のファンです。これからも応援しているので頑張って下さい♪■ありがとうございます。ちょっとのんびりし過ぎの私ですけど、これからもよろしくお願いいたします。本日、ここまで。次回、「その2」へ続きます。皆さん、温かいメッセージをありがとうございます。心に染みます。

0コメント

  • 1000 / 1000

P's Diary

篠原怜です。恋愛小説を書いてます。エタニティブックスやヴァニラ文庫ミエルなどから著書あり。本のお知らせと雑記など。